あれこれパンダちゃん

いらっしゃいませお気に入りや面白そうなものを紹介するだけのブログです。たまに本の感想なども・・・。

Calendar 2013-07


ブログパーツ置き場‥お気に入りのブログパーツを並べてみました
パーツのページパーツのページ2
本のリスト‥過去記事へリンクしてあります。本を探す参考にしてくださいね。
小説-著者
<小野 不由美>
魔性の子
<貴志 祐介>
黒い家
<天童 荒太>
孤独の歌声
家族狩り
永遠の仔
<貫井 徳郎>
慟哭
<乃南 アサ>
6月19日の花嫁
再生の朝
水の中のふたつの月
氷雨心中
行きつ戻りつ
夜離(よが)れ
不発弾
ファンタジー&映画化作品
ハウルの動く城
コミックス
あんどーなつ
エマ
エマ(9)
エマ(10)
桜蘭高校ホスト部 1巻
クリスタル☆ドラゴン
死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集
鉄子の旅
鉄子の旅(6)
ハチミツとクローバー
ハチミツとクローバー9巻&その他
ハチミツとクローバー10巻
PSー羅生門ー(全9巻)
何となく癒されます
ちびギャラ
しばわんこの和のこころ
リラックマ生活―だらだらまいにちのススメ
ブログ運営でのお役立ち本
「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック
HTMLポケットリファレンス(改訂第5版)
パンダです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰の季節 横山秀夫 著

警察小説で有名な著者の作品の一つですね
ドラマ化されたりして、とても気になっていた作家さんなので
まずは試しにと、読んでみました

陰の季節 (文春文庫)
(上記はhontoさんのリンクです)

いやぁ~、久々に爽快感のある読み心地?というか
すんなりとその世界に入り込めたので、面白かった

登場人物が、それぞれに作品の中できちんと生きている感じが
感情移入しやすくて良かった(私のボキャブラリーが足りないから上手く伝えられないかも)
警察小説でも、刑事が事件を追及して解決ではなく
こちらのは、警察の中の人の日常から起こる事柄がテーマなので
大きな組織の中で起こりうる人間関係とか…
とにかく私的には、世界観がイメージしやすくて楽しめました
ただ短編なので、この登場人物たちをもっと見続けたいと思う頃に
話が終わっちゃうのがさみしいような…(作者にしてやられたのか!私)
この作者、面白かったので他の作品も読みまくろうと思いました

〔本のデータ〕

第5回松本清張賞受賞作、第120回直木賞候補作になったそうです
D県警シリーズの第1弾です(発行年1998年、文庫化は2001年)
<自分用備忘録(フフフ)>
動機(文春文庫版、発行2002年)
顔 FACE(徳間文庫版、発行2005年)
64(ロクヨン)(文芸春秋、ハードカバー2012年)←早く文庫版でないかなぁ…
気になった方はこちらでも手に入ります
楽天ブックス→【送料無料】陰の季節 [ 横山秀夫 ]
スポンサーサイト
■ブログパーツ■
■お気に入りなど■
<こっそりお気に入り>
<好物だったり>
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。